トイレの収納場所、リフォームでどこに設置する?

トイレをリフォームして収納場所を確保する場合、どこに後付けするのが効果的でしょうか?

狭い空間であるトイレに収納を作る場合は幾つか方法があり、吊り戸棚は天井や壁などトイレの後ろのデッドスペースに設置する事ができますが、背が低い人は取り出しや収納する際に不便さを感じるかもしれません。

キャビネットも便器の後ろに設置する事が多く、吊り戸棚よりも取り出しがしやすいですが、扉を開けて使用する手間があるでしょう。

ニッチとはトイレの壁に窪みを作って収納スペースを確保する収納方法であり、トイレが狭い場合に有効だと言えますよ。

収納方法によってメリットとデメリットがありますので、リフォームして使用する人が使い勝手の良い収納を確保しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る