浴室をバリアフリーにリフォームしよう!

高齢者が浴室を安全に利用するためには、バリアフリーへのリフォームを行いましょう。

浴槽は底の部分に深さがあると入りづらいですから、リフォームして浴槽の深さを変更する事も考えましょう。

手すりは重要なアイテムであり、立ったり座ったりする時にあると便利ですが、付ける位置を間違えると邪魔になってしまいますので使用する人の身長などを考慮して取り付けましょう。

浴室の床は転倒の危険性が考えられるため、リフォームで床材は滑りづらい物を採用しましょう。

出入り口に段差があるなら転倒する可能性がありますので、リフォームして段差を取り除くと良いでしょう。

浴室ではヒートショックのリスクもありますので、浴室暖房機などを導入する事も検討しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る