リフォーム期間中の仮住まいの選び方

小さい規模のリフォームならその日のうちに終わり、長くても数日以内に終わることがほとんどなので、基本的にそこに住みながら改修してもらえます。
ただしほぼ建て替えのような大規模なリフォームの場合、住居スペースもなくなってしまうため、仮住まいが必要になってきます。

仮住まいはリフォームの内容に合わせたものを選ぶのがおすすめです。例えば何ヶ月単位でリフォームが行われる場合は月単位で借りることのできるマンスリーマンションがおすすめです。
より細かく入居期間を決めたい場合は週単位で契約できるウィークリーマンションも選択肢に入るでしょう。
また最近では短期滞在用のホテルプランも用意されています。マンスリーマンションやウィークリーマンションよりも割高にはなりますが、ホテルの様々なサービスを受けられるため、この機会に少し贅沢な暮らしをしたいという場合は検討してもいいですね。

また大きな家具なども仮住まいに運ぶという場合はリフォーム会社に一度相談してみましょう。大きい家具を保管できるトランクルームや倉庫と契約している場合があり、そこを使える可能性があるためです。
もしそうした倉庫やトランクルームがない場合は自分で借りることになりますが、トランクルームや倉庫を別に契約するよりも、これらの大きな家具が入るところを仮住まいとして選ぶ方が費用が抑えられることもあるため、仮住まいに運ぶ荷物のことも考えて選ぶといいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る