無垢フローリングと複合フローリングの違い

床材の代表的な木質フローリングは、大きく分けると「無垢フローリング」と「複合フローリング」の2種類に分けることができます。
今回はそれぞれの特徴をご紹介していきたいと思います。フローリング材はとても多いので、その参考の一つとなれば幸いです。

まず無垢フローリングですが、天然木100%の無垢材を使ったもののことをいいます。
例えばヒノキや杉、オーク、パイン材などがそれにあたります。これらの木の名前を見るとわかるように、天然木独特の香りがあるのが特徴です。
これらの天然木は全く同じ見た目になるということはありませんし、年を重ねるごとに見た目も変化していくため、心ゆくまで自然を感じたいという肩にとてもお勧めです。
ただし天然木は柔らかく傷つきやすい、さらに変形しやすいという特徴もありますから、定期的なメンテナンスなどが必要になります。

そして複合フローリングは、厚みのある基材の表面に他の板(薄い天然木など)や化粧シートなどを貼り付けている板材です。
経済的、実用性の高さから一般的に使われることの多いのはこちらの複合フローリングとなります。複合フローリングは様々なタイプがあるので、用途に応じたものを設置しやすいというのが大きなメリットでしょう。

このようにフローリング材も木質のものだけでこれだけありますので、どういった用途の部屋に設置するのかなどを考慮して決めるのがお勧めです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る