お風呂のヒートショック対策リフォーム

温度の急激な変化によって血管や心臓に負担がかかるヒートショックは特に冬場に起こりやすい現象です。最悪の場合命を落とすことにもつながりますので、ヒートショックを防ぐために室内の温度差を抑える必要があります。
できることなら家全体に断熱材を入れる方法ですが、こちらは予算の都合がつかないとなかなか難しいです。
そこで今回は特にヒートショック対策をしたいお風呂場限定でどのようなリフォームがあるかをご紹介したいと思います。

まず浴槽をユニットバスに変更するだけでも格段に違います。最新のユニットバスは断熱材が施工されていますので、特に古いタイル張りのご家庭だとユニットバスにするだけで大きな違いを感じていただけると思います。
もう少し費用を抑えて手軽に浴室を温めたいという場合は、浴室暖房を設置するのも一つの方法です。浴室暖房で浴室や脱衣所を温めることで温度差を抑えることができます。
こうした浴室暖房には乾燥機能も付いている場合がありますので、お天気が悪い時は室内干しにも活躍してくれます。予算もユニットバスに丸々リフォームするよりもグッと抑えられるのも魅力です。

どうしてももっと費用を抑えたい、もっと手軽に対策をしたいという場合は、コンセントの増設を考えてみてください。こちらは高くても2万円程度で施工可能です。
コンセントを増設し、ホームセンターなどで小型のヒーターを購入してそれを設置するようにするだけでも温度差を抑えられます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る